香典返しとは?

4月 - 17 2014 | | By

花

 

香典について紹介致しましたが、その香典のお礼としてお返しするのが香典返しです。
地域によって香典返しの内容は様々で、相場も異なります。ここでは一般的な香典返しについて紹介致します。

■香典返しとは
香典返しとは、香典を頂いた方に品物を贈ることをいいます。
葬儀の内容によって香典返しの方法も異なりますが、一般的には喪主が忌明けした後に返す場合が多いです。
葬儀によっては即返し、当日返しもあるようです。

本来、香典は霊前に供えるものなので香典返しは不要とされていましたが、最近では一般的になってきています。
宗教によっても香典返しの内容は異なります。
香典を頂いた感謝として香典返しは慎重に行なう必要があります。

次に香典返しの相場と内容を紹介致します。

香典返しの相場・内容

4月 - 17 2014 | | By

天使の輪

 

■香典返しの相場
香典返しの相場は、頂いた香典の相場によって異なります。
身内・知人・同僚によって香典の相場が異なりますので、それに合わせた香典返しをする必要があります。

一般的な相場は、頂いた香典の半分から3分の1とされています。
ですが手間を省く手段として全ての人に同じものを贈ってもいいですし、あまりにも相場が開くようなら数種類用意したほうがいいです。

また、先ほど紹介した葬儀当日での香典返しも主流になってきています。
その場合では相手の相場をその場で把握する事ができないので、
大体の相場を予想し全て同じものを用意しておくか、またはカタログギフトを渡す方法もあります。

■香典返しの内容
一般的に香典返しの内容は「使いきれるもの」「頂いても困らないもの」「白いもの」が主流とされています。
使いきれるものは悲しみを癒やすことを意味し、白いものは白装束に通じるからです。

内容の例として、「タオル」「シーツ」「ハンカチ」「石鹸」「お茶やコーヒー」「白砂糖」等が挙げられます。
カタログギフトの利点としては、「好きなものが選べる」ということがあげられます。
ですが、簡素だと思われる方もいるので、身内と相談して決めることが大事です。

また、品物と一緒にお礼状を同封する必要があります。
これらの例文はインターネットサイトなどで多く紹介されていますので参考にできます。

スムーズに行なう為に

4月 - 17 2014 | | By

手

 

急な葬儀をスムーズに行なう為に、現在では葬儀業者が増えています。
中には24時間対応しているところもあります。
インターネット上で近辺の業者をすぐに探すことができるので活用するといいでしょう。

ほとんどの葬儀業者が葬儀から香典返しまで「セット」として提案しています。
予算によって内容を決めることが出来ます。
その中で香典返しのマナーや内容をどうするか相談しながら決めることが出来るので
急な対応でもスムーズに行なうことが出来ます。

急な不幸な出来事は身内にとって大変ショックなものです。
ですが葬儀を行なうことで死者との別れを通しそれを癒やす事ができます。
喪主は大変な責任を感じることもあるでしょうが、業者に依頼することで負担を軽減することができます。

宗教によって葬儀方法は様々のように、業者も多数存在します。
インターネット上では情報が多くありますので、それを活用することで負担軽減に繋がります。