散骨スタイルを選ぶ人の急増傾向❘選べる故人の思い

徹底的に比較

お墓

人は亡くなると、葬式や火葬を経て墓石に納骨されます。墓石は先祖代々受け継がれているものですが、霊園を今とは異なる場所で利用するといったことや引っ越しなどの事情で新たに購入するケースがあります。墓石の引っ越しは難しいので、霊園の利用先を変える場合には納骨されている先祖の遺骨の引っ越し作業が行なわれるでしょう。近年はデザイン性の高い墓石が多く誕生しており、種類によってその価格は異なるものです。従来のデザインである和型の墓石は最もシンプルなデザインで、平均60~80万円という金額で購入できるでしょう。その和型墓石の中でも高級だとされている墓石は、雨風などからの影響に強い高耐久性を期待できる素材が使用されており、長期的にその美しさや色を保つことができるでしょう。通常のものより数十万円高く、サイズや面積によって価格が100万円を超えることもあります。

アメリカで用いられている墓石とほとんど同じデザインである墓石には洋型墓石があり、縦に背の高い和型とは異なり、その背は低く名前が刻印される面が非常に大きいというデザインが特徴です。ポピュラーである和型墓石とその価格はほとんど同じであることから、ハイセンスを求めて洋型墓石を選ぶ日本人も増えてきているでしょう。墓石は基本的に基本形が決まっていますが、自分でデザインをフルオーダーできる墓石工房もあるので自由に相談してみるといいでしょう。フルオーダーの墓石を注文する利用客は未だ少ないものですが、素材や面積、大きさを自分で決められるので予算内に価格を調整することも可能だと言えます。